スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年6月定例会の報告

平成23年6月定例会の報告をさせていただきます。

13番 赤木 一雄

皆様おはようございます。
北区選出新人議員の政隆会、赤木 一雄です。

今回初めての質問をさせて頂きます。傍聴席の皆様におかれましては、早朝よりお忙しい中誠にありがとうございます。私はこのたび、市議会議員に成らしていただき、先生と呼ばれることに、大変戸惑いを感じながら責任の重さを身にしみて思い、地元の皆様・市民の皆様のご期待に答え、本当の意味で、先生と呼ばれるように、そして、政隆会の一員として岡山市政発展のため、この4年間全力で頑張ってまいります。どうか、よろしくお願い致します。
さて今回、東日本大震災では、多くの方々が被災され、心からお見舞い申し上げます。先輩議員の先生方もこの件につきまして質問されておりますが、私も元建設業者の一員として一言意見を述べさせて頂きます。
今、建設業は、大変厳しい状況にあり何十年も前から、ごく一部の業者のために、公共工事は毎年削減され続け仕事も激減しおまけに、超デフレ競争で仕事をすればするほど赤字になり多くの仲間が、廃業もしくは倒産しています。これも時代の流れで仕方がないかもしれませんが、本当にみんな一生懸命頑張っています。ぜひとも当局の皆様、今後も公共工事を削減されるのであれば、新しい産業の創出・雇用の創出も考えていただき、建設業の方々が生き残れる社会にしてくださいますよう心からお願いします。もし岡山で震度5強から6弱の地震が来た場合、間違いなく岡山市は液状化により建物の崩壊はもとより、道路は寸断され、大変な被害がでます。そうした中一刻も早い被害者の救助と救援物資の調達をするために、道路の復旧・ガレキの移動をすみやかに行う事が、最重要課題となります。いくら消防局のハイパーレスキュー隊が優れていても、いっきに何百人何千人の市民の方々を救出するのは大変難しいと思います。また、寸断された道路を一時的にも緊急車両が通行できる状態にするには、岡山市内各地におられる建設業のなかで、重機やクレーン・ダンプトラックと道具を所持されている方々のお力が必ず必要となります、ぜひとも、災害時におけるネットワーク作り、また緊急時対応マニュアルの作成・講習会等の開催をお願いします。岡山市民の安心・安全の為、よろしくお願いしたいと思います。以上大変前置きが長くなり申し訳ございません。それでは、これより質問をさせて頂きます。

平成23年6月定例会平成23年6月定例会

1.吉備地域センター及び吉備公民館の早期整備計画について、でございます。

私の地元吉備学区と陵南学区の一部は、昭和46年3月8日に都窪郡吉備町から、岡山市と合併しました。今の吉備地域センターは、昭和13年8月に建てられ、そして吉備公民館は、昭和46年2月に完成し、両方とも都窪郡吉備町時代に建設されました。どちらの建物も大変老朽化しております。特に吉備地域センターの建物の壁は今にも落ちそうで、手で押しても動いている現状です。そんな危ない施設の中で、毎日10人近い職員の方と多くの市民の方々が、出入りされています。防災の面でも大変危険な状況であり、もし地震が起これば間違いなく全壊すると思います。そうなれば、吉備地区の防災拠点が無くなるわけで、吉備地区に住む住民にとって多大な損失となります。また、隣接する吉備公民館は耐震補強もされず、40年もの長い間、吉備学区と陵南学区の皆様の実生活に即する教育、文化に関する各種の事業を行い、市民の教養の向上また健康の増進に寄与されております。
また、吉備学区・陵南学区の安全・安心ネットワークの活動拠点として多くの地域の皆様が活用されております。また、暗くて狭い部屋で81ものクラブ活動がなされており、年間で5万人近い地域の方々が利用されており、今の施設ではとても対応できていない状況でございます。また、吉備地区周辺には、図書館もまったくございません。今、吉備中学校は、毎朝、朝読会をされています、子供たちに(読解力)(表現力)(学ぶ意欲)など、学力向上に向けたすばらしい取り組みを行っています。このように、子供たちに確かな学力の定着を図るためにも、図書館(図書室)は必ず必要だと思います。
以上のべましたとおり、吉備地域センターと吉備公民館そして図書館(図書室)も含め、また環境にも配慮した総合的なプロデュースをしていただき、早期にマスタープランを作成して、地元関係者と協議のうえすみやかに、設計・施工へと強くお願い申し上げます。そこで、今後どのような取り組みをされるか、ぜひとも前向きな方向でお聞かせください。


2.次に、庭瀬駅周辺整備について、伺います。

まず3年前には南口の改札口及び自転車置き場等の整備をしていただき、誠にありがとうございました。庭瀬駅南側にお住まいのJRご利用の方々はとても喜ばれておられます。

(1)庭瀬駅東踏み切り拡幅工事について、先日、当局の方から2年前から取り組まれておられると、お聞きしました、本当に感謝しております、それでは、改めまして伺います、当局もご承知のとおり、東の踏み切りは朝・夕大変な混雑が発生しています。とくに通学路のため、かけがえのない子供たちが大変危険な状況です。この踏み切りを利用される地元の皆様の長年の要望であります。一刻も早い整備をお願いいたします。先般も、お伺いしましたが、現在の進ちょく状況と今後の予定を再度お聞かせください。よろしくお願いします。

(2)、庭瀬駅南側の道路整備及び区画整理事業について、お尋ねします。
この件は、昨年度亡くなられた安井 聰先生が手がけられた案件でもあります。同じ地元議員として、また私が尊敬しています先生の後を受け継ぎ、なんとしても、先生の意思を反映させて頂きたいと思います。当局の方もご承知だと思いますが、庭瀬駅南地区は、南北及び東西の幹線道路が非常に狭く慢性的な渋滞が続いています。地元の町内会長をはじめ多くの方々が何年も昔から、ずっと要望されてきております。また、区画整理事業につきましても、安井先生が一生懸命手がけられてこられたと、聞いております。今後、庭瀬駅南側整備について当局としてのご所見をお願いします。なお他地区の、区画整理事業についても関連がございますので、北長瀬の北側の区画整理事業を今後どのように取り組みをなされるのかも、お聞かせください。


3.吉備地区・周辺の公園及びスポーツ広場等の整備について、お尋ねいたします。

吉備地区は、育成会のソフトボールや軟式野球の少年チームをはじめ、スポーツ少年団の剣道やサッカーチームまたミニバスケットボールのチーム等多くの子供たちが、スポーツを愛し日々身体向上、また心の鍛錬を一生懸命がんばっております、そしてママさんバレー・卓球・バトミントンなど多くの大人の皆様が生涯スポーツを楽しまれています。
しかしながら、吉備地区には総合公園もなければ、スポーツ広場もまったくありません。吉備地区の人口は、まもなく3万人に達しようとしております。これだけ人口が増え続けているのに、吉備地域市民の憩いの場がないのは、本当に残念です。当局のお考えをお聞かせください。

また、ここからは、要望ですが、撫川には昔ごみ処理場として、足守川の土手沿いに、ごみを埋め立てし、申し訳程度に山土で目隠しをした運動場とテニスコートが有りますが、トイレが汲み取り式で大変汚いです。地元吉備体協の方々が、草刈とそうじをされていますが、古いせいか汚いです。ぜひとも、浄化槽の設置等の整備と空いたスペースを有効に活用し、公園らしくしていただくかそれとも、体育館をふまえた抜本的な見直しを、地元関係者の皆様と協議していただき、吉備地区の発展のため、さらには憩いの場となるように、よろしくお願いします。

平成23年6月定例会平成23年6月定例会

4.最後に吉備の中山について、を質問させていただきます。

皆様ご承知のとおり、吉備の中山は岡山県・岡山市にとって大変貴重な文化資産でございます。
いままでこれと言った整備もされないまま、今日に至っておりますが、ボランティアの「吉備の中山を守る会」の皆様方が、一生懸命活動されています。心から敬意を表したいと思います。
吉備の歴史の上でも重要な場所であり、また、地元の方々によって大切に守られている「吉備の中山」を、観光という観点からも、もっと多くの方々に散策して楽しんでいただきたいと思います。当局のお考えをお聞かせください。
また南側の西花尻から御陵へと上がる市道を、歩行者の方々も安心して歩けるように、安全対策が必要と思われますが、いかがでしょうか。


以上をもちまして一回目の質問といたします。

プロフィール

赤木一雄

Author:赤木一雄

岡山市議会議員 赤木一雄です。
「地域の声を市政に、私は挑戦します!地域のために。」を基本姿勢として、赤木一雄は、地域発展のために行動します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。